なす の 育て 方。 ナスの栽培方法、剪定・プランター栽培のコツも [家庭菜園] All About

ナス(茄子/なすび)の育て方・栽培方法【春植え】

なす の 育て 方

発生しやすい病害虫 ナスに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 収穫は、実が小ぶりなうちに行うのがコツ。 はじめは葉の表面のところどころに白いカビが発生します。 いずれにしても、水なすのハウス栽培では、ホルモン処理は栽培の終始において必須です。 若い果実をおいしく収穫するのがナスのポイントです。 それは乾燥・肥料切れになりやすいだけでなく、梅雨期に伸長した側枝に開花した果実がいっせいに肥大し、収獲のピークを迎えるからです。

次の

【カインズ野菜栽培】ナスの育て方|茄子栽培|初心者でも失敗しない大きく育てるポイント/長く育てて沢山収穫しましょう

なす の 育て 方

ナスの栽培には移植栽培と直まき栽培がありますが、初心者はホームセンターなどでポット売りされた苗での移植栽培が簡単で確実。 上写真のように 葉水をすることで葉の乾燥を防ぎハダニ発生を防御できます。 直径が10~15cmくらいと大きくソフトボールのような形をしているます。 ミント(虫よけ)• 通常、ナスはアントシアニン色素によって皮が紫色をしていますが、青なすはその色素を含まないため緑色や白色になります。 水やりの頻度が多いので、根が表面に見えてきてしまう事もありますが、その場合は新しい土をかぶせてあげましょう。

次の

ナス(茄子)の栽培方法・育て方のコツ

なす の 育て 方

分類:一年草,非耐寒性,草本• マリーゴールドなど 〇 後に植えるとよい植物 good• 花芽の周りに、側枝となる芽があります。 そこで、主枝はそのまま伸ばしますが、側枝(子枝)は側枝の1番花が開花したら、その上の葉を2枚残して摘心します。 若干甘味があって口当たりが柔らかく、焼きなすや煮物、揚げ物や、バター焼きなどいろいろな料理に利用されています。 ナスの鉢上げ プラグトレーにまいたナスが本葉を出して、隣のナス苗同士の葉が重なり合うようになったら鉢上げしてあげましょう。 嫌光性種子(けんこうせいしゅし)とは? 発芽するのに 光を必要としない種のことです。 また中国には蛇ナスという長さ50センチメートルにもなるものがあります。

次の

【家庭菜園】【ナス(茄子)の育て方】家庭菜園の中でも育てやすい野菜

なす の 育て 方

7月下旬~8月上旬頃に、主枝と側枝2本を半分~3分の2くらいの長さに切ります。 定植後3週間後に1回目の追肥を行い、その後2週間おきに液体肥料「 」を希釈してあたえましょう。 2月下旬 ~ 3月上旬なら、加温器にセットしやすいセルトレイを利用します。 また、同時に観察も充分に行なって下さい。 液体肥料を与える場合は、1週間に1回、水代わりに与えます。 用意したプランターに、底が隠れるくらい鉢底石を入れます。 ただし、漢名は茄です。

次の

ナス わき芽かき 摘芯

なす の 育て 方

「秋ナス」といっても、別の品種を植えたりするものではなくて、この5月頃に植えつけた同じ株で、秋に収穫できる実のことを言います。 さらに、ナスは、土が乾燥するのを嫌いますが、パセリが根元に茂ってくれていることで、土の乾燥を防ぐことができます。 株を疲れさせないように、剪定をしながら収穫すると効率的に収穫することができます。 この花芽を着果させると、わき芽からも実を収穫することができます。 パセリ(キアゲハを遠ざける)• プランター栽培の場合は、通常のプランターよりも大きくて深い、菜園用プランターを準備します。 梅雨明け以降に被害が出やすいので、下葉を剪定して風通りを良くし、草勢維持も大切です。

次の

フォックスフェイス(ツノナス)の育て方|ヤサシイエンゲイ

なす の 育て 方

主に注意したいのは、オオニジュウヤホシテントウや、アブラムシ、アカダニなどです。 枝を広げてやります。 こうすることで、ナスの生育も回復状況に向かいます。 オンシツコナジラミは野外で越冬できますが、タバココナジラミは野外で越冬できず、施設が主たる越冬場所と考えられます。 枝の仕立てを決めた後は、主枝と側枝は放任状態にして、伸ばし続けます。 苗の選び方 園芸店やホームセンターで苗を購入する時の選び方は、葉の緑が濃く厚みがあること、節間(葉と葉の間)が締まっていること、1番花の蕾または花がついていること、病害虫がついていないこと、苗の先端に勢いがあることです。

次の

ナス 仕立て方|2本仕立てと3本仕立て

なす の 育て 方

漬物にしない場合は、そのまま大きく育てることも可能です。 丸ナス…代表品種「早生大丸(わせおおまる)」。 植える場所の土を掘り返して、よく耕しておきます。 ナス紺色が濃く、種が多く、また皮がやや厚いのが特徴です。 土を数センチかけたら(容器の9分目位)十分に水やりをする• 2本仕立てにすることによってV字形になります。

次の