ご 足労 いただける と の こと。 目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご 足労 いただける と の こと

「ご足労いただく」は 「私が相手にわざわざ足を運んでもらう」という意味。 「来ること」「行く事」の尊敬語である「お越し」を使用して、「お越しいただきありがとうございます」と言い換えることもできます。 ・確認していただきたい書類がございますので、ご足労をおかけしますがよろしくお願いいたします。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか。 「足労」は「行く」や「来る」を丁寧に表現したものです。

次の

「ご足労いただく vs くださる」意味と敬語・使い方

ご 足労 いただける と の こと

つまり、「面倒をおかけして申し訳ないと思いますが、どうしても来てほしいです」という 強い願いを丁寧にお願いしている表現であると言えます。 意味としては「ご足労」とほぼ変わりはありませんが、より相手に対して「無理を言ってこちらに来ていただいた」という申し訳ない気持ちを表した言葉です。 「来訪していただけますか?」と言い換えることもできますが、 「ご来訪していただけますか」は間違った敬語になってしまうので、気を付けましょう。 頭に「ご」をつけることで敬語表現になっており、自分より目上の人にも使用できる言い回しです。 「わざわざ足を運んでいただかなくて大丈夫ですよ」という言葉をより丁寧にした表現方法だといえるでしょう。

次の

「ご足労いただく vs くださる」意味と敬語・使い方

ご 足労 いただける と の こと

それは、「相手がこちらへ来ることが決まってからでなければ、この言葉は使ってはいけない」という点です。 ざっくりとした解説はこれにて終了ですが、本文中ではメール例文をまじえながらくわしく進めていきます。 来社してもらいたい場合は、 ・弊社までお越しいただけますか? ・ご来社願えますか? ・お出でいただくことは可能でしょうか。 ただいま担当の者が参りますので少々お待ち下さいませ」 「本日は遠路からわざわざご足労いただき誠に感謝申し上げます」 結婚式などでも使う「お足元の悪い中、ご足労いただきありがとうございます」 結婚式などでも使う「 お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」という言い回しを紹介します。 それ自体は、自分が悪いという気持ちよりも、相手に対する気遣いの気持ちから自然と謝罪の言葉が出てきてしまうため、人によっては美徳に感じることもあるでしょう。

次の

「ご足労」の意味と正しい使い方、類義語とビジネスでの12の例文集

ご 足労 いただける と の こと

「お越しいただき、誠にありがとうございます」のように「お越しいただく」の後には感謝の言葉を述べるのが基本です。 例えば仕事の打ち合わせのために、来週取引先の会社の人が自分の会社へ来ることになった場合、予め電話やメールでその旨を話すことがあると思います。 なので、使い方を迷った際には「お手数おかけします。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!. ・ご足労には及びません、私共のほうから伺わせていただきたく存じます。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

次の

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

ご 足労 いただける と の こと

ご足労いただいたのに入手できなかった皆様、大変失礼しました。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。 」「ご足労をおかけいたします。 たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ご足労は相手を見送る際、相手が帰った後にもメールなどで使用できます。

次の

「ご足労」の意味とは!ビジネスやメールでの使い方やマナーを解説!

ご 足労 いただける と の こと

」「本日はお手数をおかけして、大変恐縮です。 尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。 ですので、「ご足労おかけいたしますが」と使うのではなく「ご足労頂きありがとうございました」といった使い方がよいでしょう。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご足労 いただく vs ご足労 くださる」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 来てもらう前から敬うくらいならば、始めから自分で出向くべきですよね。

次の